院長紹介

患者さまの立場にたった心配りを忘れずに、
誠意を持って日々の診療にあたります。

院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。よしとみ内科クリニック院長の吉冨亮太です。1997年、創設者で現顧問である父が福岡市西区姪浜に開院して以来、透析治療を行える腎臓内科として、また、よくある病気を気軽に相談できる地域の内科医として、親子共々診療を続けてまいりました。

近年の透析学会のデータによると、透析の平均導入年齢は70歳を超え始めています。当院の患者さまも、70~80代後半と非常にご高齢の方が多く、腎臓病であるとわかった時点ですでにほかの病気にかかっている方が多くいらっしゃいます。また、腎臓の不調を原因として、さまざまな合併症を引き起こすケースも多々あります。そのため、さまざまな疾患の可能性を念頭に置き、危険信号を敏感にキャッチして適切な検査・治療を早期に行うことが私の責務だと考えています。

週に何日も通わねばならず、治療にも長い時間を取られる透析は、患者さまの日常に多くの制約をもたらします。しかし、私たちは、できるだけ透析治療を始める前と同じような生活を患者さまに送っていただきたいと願っています。常に患者さま目線で心配りをしていた先代の精神を受け継ぎ、私も患者さまの気持ちに寄り添いながら、病気治療はもちろんのこと、患者さまの生活を全力でサポートしたいと考えています。

姪浜は、私自身青春の多くの時間を過ごし、懐かしく、また愛着のある土地です。
「医師になって患者さまを助けたい」。
高校時代に医師を志したときの初心を忘れず、今後も微力ながら地域医療に貢献していきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

よしとみ内科院長 吉冨 亮太

院長経歴

院長 吉冨 亮太

学歴・職歴

学歴
平成18年3月 山口大学医学部医学科卒業
職歴
平成18年4月 九州大学病院 臨床研修医
平成19年4月 国立病院機構九州医療センター 臨床研修医
平成20年4月 九州大学病院 腎高血圧脳血管内科病棟医員
平成21年4月 松山赤十字病院 腎センター医員
平成24年4月 医療法人よしとみ内科クリニック 副院長
平成26年6月 医療法人よしとみ内科クリニック 院長
資格・所属学会
日本内科学会 内科認定医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医会 日本透析医学会
プライベート

趣味はオーケストラ。福岡市医師会オーケストラに所属し、トロンボーンを担当している。
サッカー観戦も大好き。地元アビスパ福岡を家族全員で応援している。よしとみ内科クリニックはアビスパ福岡のサポートファミリーです。
2児の父。

顧問経歴

顧問 吉冨 宏治

学歴
昭和52年3月 九州大学医学部医学科卒業
昭和56年3月 東京大学医学部第2生理学教室研究生
学位
昭和61年8月 医学博士 (九州大学)
職歴
昭和52年6月 九州大学医学部附属病院
昭和53年4月 福岡中央病院医員
昭和54年4月 九州大学医学部附属病院 第2内科医員
昭和55年4月 九州歯科大学教員 内科助手
昭和58年8月 ドイツ連邦共和国(西ドイツ) マックスプランク研究所 研究員
昭和60年9月 国立循環器病センター研究所 薬理部 分子薬理研究室長
平成元年4月 自治医科大学 薬理学教室 助教授
平成5年4月 九州大学医学部付属病院第2内科 助手
平成9年5月 姪浜内科クリニック(現よしとみ内科クリニック) 院長
  • スタッフブログ
  • 求人情報
  • よくある質問
お問い合わせはこちらから tel:092-892-1533